FC2ブログ
古代人は神代文字の力を国や家族の安泰の為に使用していました。
それは多くの古墳文様にも残っております。
いままで色んなお守持ったけど・・・
神代文字、古墳文様記号は霊力が宿っており現代人が忘れかけている
不思議な驚きのパワーを発生させています。
体や心、運気の不調を改善される力が秘められています。

 
スポンサーPR

神代文字の中でもまとまりある出雲文字

出雲文字は屋久杉に
お客さんの名前を彫る場合に
よく使います。

出雲はもともとが
まだ大和王朝が日本(倭国)成立していなかった頃の

スポンサーリンク

渡来系民族です。

出雲を語る前に民族大移動の話を


当時、縄文末裔が生粋の日本列島民族
で、南縄文、北縄文に分かれていました。

列島が始まりやがて火山や天変地異で
住めなくなッた今の九州、当時は九州の形
はしておりません・・・そして西日本
列島のなかで、何とかまぬがれたのが
今の東北地方、四国は2つに民族が
分れ1つは近畿、東に

だから縄文のデーターが残ってるのです

島々を抜け出した人々はどこに逃げたか
現在でいう朝鮮半島

(以下、主観的一説ということで見てください)

当時、半島は未開の地で誰もいません
国として機能がついた土地ではありません

主に民族が多かった九州島

今の、宮崎、鹿児島人は半島の北
現在でいう平壌

西日本、近畿一部は慶州地域~上

熊本、福岡は大分の一部は
いまの釜山~西側半島

各、それぞれの土地で
安住の暮らしを始めます・・・

やがて国の基礎ができます

もう想像がつくと思います。

高句麗・新羅・百済・伽耶


特に高句麗、今の平壌の人は
歴史上、偉人を出しています

ドラマにもなった
ホ・ジュン、イムサンオク
まだたくさん偉人が生まれました。
日本列島人の血を引いています


話は元に戻りますが
平和な国々もやがて中国、モンゴル側から
移民が流れてきます

人種がごちゃごちゃになり
やがて争いが起こり各、国全体に広がります

ここで三国史記が登場します

戦が続きそれに耐えられない
各、半島移民人は元いた
日本列島に戻ります

最初に戻ったのが出雲民族でもある
新羅の王族
この神話の喩えが、兎の国引きという
日本列島に戻るというお話です
大和王朝への建前上
国引きの話をカモフラージュしました
ちなみに新羅人の神はスサノオです。
IMG_20160514_120558825.jpg 

高句麗・百済・伽耶の難民や王族は

それぞれ九州は小国が集まった国々にちらばり

移民せず天変地異に耐えてきた
縄文人と合流しそれぞれの国として
栄えてきました

しかしやがて九州でも何世代各地域でも戦が続き
この何ども続く戦の喩えが田を荒し、畑を荒しの
荒ぶる神達の話
つまり、すべての罪をスサノオに押し付け
今でいう冤罪

この冤罪の因縁は消えません
現在でもあるわけですから・・・

一旦、休憩・・・

最初は神の世界で起こり
起こったのはイザナギ、イザナミの
日本列島作り

これが当時のこの世に転写したのが
古代の天変地異

わかりますか?

純粋な半島民族(元日本列島縄文人)
は外国の横暴に愛想をつかして
また王族を守るために日本に戻ったのです

ここでいくつも人種が分かれます
半島に残った日本縄文人
これが生粋の今の○○人です

そしてモンゴル系○○人
中国系○○人

しかし血は段々薄れ現在では大半が
モンゴル系○○人
中国系○○人

しかし日本人はもう一度半島に戻ります
それが日清戦争・日露戦争です
半島の人々を助ける為に・・・

様は半島の基礎は日本人が作ったのです

なかなか信じられないと思うけど・・・
中国もそうです、秦は日本人
漢は他中国人
この話はまだ長くなるのでいつかは。
さわりだけ言うと九州、琉球、琉球以南の日本人が
移民しやがて小国化し秦となりました。
秦と漢の歴史の変りはまだ複雑で真には
解明されていないのです。
私の話もそうです。
直接、見たわけでもありませんから(笑)
しかし、古事記、天変地異、
歴史書(中国・韓国)、日本書記

そして韓国ドラマ(笑)当然、韓国よりです。
そこで日本の史実、現在のアジア関係で推測すると
上記にあげたような話になった訳なんですなぁ・・・


IMG_1157.jpg
さて出雲文字
先の話以前の何千前の縄文文字です

出雲民族魂を生まれ変りの人が多いのです
でもある時は豊の国(ウガヤフキアエズ王朝)
の時もあれば神代五十音の場合もあります

出雲はすごく字がまとまってるから
どなたの名前を書いても違和感ありません
稀に違う人もいますが出雲の魂が多い人は
私の中では事実です。







★今人気のスピリチュアルブログがわかる
開運カウンセリング
ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

⇒ 今何位?
<人気ブログランキング>

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hitukinomiya

Author:hitukinomiya
ブログ見てくれて、ありがとう
ブログ管理者の孝次郎と申します。
福岡県うきは市に住んでます。
普段は聖霊と山裾で暮らしており
神代文字お守・アクセサリーを
時々、里にでて販売しています。
雲のような生活で皆様の施しで
生かせていただいております。

お問合せメールはこちら
日月ノ宮斎主の詞

スポンサーリンク
カテゴリ
ランキング
最近の投稿記事
神代文字で名前を書く Dec 11, 2018
己巳の日の弁財天限定お守り Dec 03, 2018
神感符お守り&龍の自霊守護お守り Nov 23, 2018
神様シール Nov 23, 2018
2019神代文字(日月ノ宮)カレンダー受付 Nov 18, 2018
神様からの贈り物
神様からの贈り物
検索フォーム
神様に誘われて山での暮らし
霊気玄霊視法ご案内
RSSリンクの表示
至高の世界
常なき道は神の中、歩むは人の道
レンタルサーバーなら
Wordpressが無料で出来る
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ