FC2ブログ
古代人は神代文字の力を国や家族の安泰の為に使用していました。
それは多くの古墳文様にも残っております。
いままで色んなお守持ったけど・・・
神代文字、古墳文様記号は霊力が宿っており現代人が忘れかけている
不思議な驚きのパワーを発生させています。
体や心、運気の不調を改善される力が秘められています。

 
スポンサーPR

中臣祓(大祓詞)から古今和歌伝授が生まれた


神前に鎮まっていた詞を

発送準備OK!



この大祓詞こと中臣祓い

長年の主観的に古今伝授の源のようです。


神がかりとなった中臣鎌足に

スポンサーリンク








神の託宣がおりました


それは、この世天皇が治める未来図であり


天之帝からの詞でありました。


神の世界の反射が地上におりる内容でした・・・


時代は鎌足がまだ若き頃

天智天皇がまだ幼き中大兄皇子で

神功皇后がまだ皇極天皇だった頃です・・・・

たぶん、歴史から見るとつりあわないかもしれません。

信じるか信じないかは、あなた次第です^^

IMG_1794.jpg 


その内容は大祓詞の文面にかいてある通り


天帝の血をひく、つまり子孫で天孫です。


その天孫が広き大地を治め皆々したがい

天皇がお決めになったことに従い一緒に国作りをしようではないか

そしてこれまでの争いの中で吾らに背いた罰は新たな国作りでもって


罪を許すから下々に至るまで心得よという物語です。




しかし、それは私たちが知る表の教えの枠に嵌った
洗脳と言えば聞こえは悪いですが

まぁ表の事象です。



この世は表裏、陰陽の世界です


詞にも表の詞、裏の詞とあります。

例えば表では顔は笑ってどうぞ、どうぞ・・・

裏では、こんな忙しい時に来んなよー。

極端ですが、わかりやすいので^^。


こちらは、御社の案におまかせします。

この部分だけ、うんぬん・・・としていただければ

なるほどーそうきたかーなんて営業でもあると思います。

要は意図を読むということです。


IMG_1795.jpg 

これを神の世界では、神がかりサニワと言います。


神が言ったことの中身を知ることです


ですから、一見皆が納得する神話物語ですが

裏の読みは、言葉一つ一つの力(言霊)を集約し

宇宙の成り立ち、宇宙の組織である縦横の世界

人の務めと、人としてあるなじきこと、懺悔という心

宇宙の大儀名文を一つ一つの文字を組合し

結果、神の言霊の力を集めたものを


物語調になったものです。

IMG_1790.jpg 

古今和歌集や万葉集にしても


すべてではありませんが

一見、男女の愛や自然、政治などをタイトルにした

和歌は裏の意味が含まれています。

これを解き明かすことを古今伝授といいます。

中臣祓の修法が源です。


神は鎌足に宇宙の人の道理を教え

また未来を見せました。

当時の政治はみな、神事です。

能力あるものが出世する時代です


これからの時代も2019年以降

頑張ればなんとかなる時代から


能力、先を読む予想できる力が必要とされていく時代になっていきます。


真実を見る時代に変っていきます。


科学が発達しているからスマホ、ITというだけのことです。


さて大祓詞ですが、物語と書かれてある文面は


宇宙と人の道理です。

天津罪、国津罪とありますが現代社会とリンクさせて

戒めることが大切だと私は思います。


大祓詞中臣祓い)は全体が13段に分かれています。


読み方は、すべて流れで読んでかまいませんが

知っておくことは重要です。
知るだけで自動で宇宙や人の道理がわかってきます・・・


これを神の気線、神の恵と言います。


第1段と最後の13段は中臣鎌足が奏上し


残りの段は4人の神官が奏上します。


神、宇宙に少しでも近づくには


大祓詞を日々奏上することです。


神社でなくても神棚でもなくても


太陽でもいいのです。


それは神は

ここで言う神は宇宙を創造された元の元の元の神ではありません。

大祓詞の表は神の世界から子孫をだし

その子孫がこの世を作られ、その話が現実世界に転写されたお話です。


裏は元の元の元の宇宙の神の意識という力が入っている中身です。


またどの神も神には違いない訳ですから


奏上(言う)だけでも魂が開花します。


開花とは現実世界で言うと


最も近い喩えが開運という詞になります。


おまけ・・・・



大祓いは年2回あります。みなさんご存知だと思います。


表は季節が完全に変っていく模様から種まき~収穫~年越えですが


裏は宇宙は2秒間に1度、生まれるエネルギー、死ぬエネルギーが

発生します。そのあとが3です。

これを数字であらわしたのが123です。


また七夕の男女2人が年に1度しか会えない・・・


エネルギーの相対を示しています。


縁起の話も裏があるのです。何でもね・・・




この表をこわし裏を読みあたらしく世の礎を作るのが


今の若者達なのです。


実行するのは、その子供達です。


少し話はズレますが、その頃は病気は今より少なく老人も健康です


その時の老人は今の若者です。


理由は食べ物や化学有機物を熟知してるからです。


未来はボケやガン、アレルギー、他の病気は少なくなっています・・・


私の見立てですから、信用してはいけません^^

















コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hitukinomiya

Author:hitukinomiya
ブログ見てくれて、ありがとう
ブログ管理者の孝次郎と申します。
福岡県うきは市に住んでます。
普段は聖霊と山裾で暮らしており
神代文字お守・アクセサリーを
時々、里にでて販売しています。
雲のような生活で皆様の施しで
生かせていただいております。

お問合せメールはこちら
日月ノ宮斎主の詞

スポンサーリンク
カテゴリ
ランキング
最近の投稿記事
水分坐皇神のお守り Aug 18, 2018
己巳の日に弁財天にお礼に行ってきました Aug 05, 2018
神代文字お守りがいっぱい!シンプルが一番人気です Aug 01, 2018
ヒフミ神代四十七言文字時計 Jul 30, 2018
ニギハヤヒのヒフミ鎮魂お守り Jul 25, 2018
神様からの贈り物
神様からの贈り物
検索フォーム
神様に誘われて山での暮らし
霊気玄霊視法ご案内
RSSリンクの表示
至高の世界
常なき道は神の中、歩むは人の道
レンタルサーバーなら
Wordpressが無料で出来る
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ