FC2ブログ
古代人は神代文字の力を国や家族の安泰の為に使用していました。
それは多くの古墳文様にも残っております。
いままで色んなお守持ったけど・・・
神代文字、古墳文様記号は霊力が宿っており現代人が忘れかけている
不思議な驚きのパワーを発生させています。
体や心、運気の不調を改善される力が秘められています。

 
スポンサーPR

道真公を称えると思兼命が動く

IMG_2050.jpg 

天満宮、天神社、天満社はみなさん、よく行かれると思います。

天満宮のご祭神は菅原道真公。祟りを恐れて朝廷が神の位にして奉ったといわれます。
実は怒ったのは(私的に)道真公を守護していた神が怒ったもの
それは、須佐之男大神。所謂、天神様であり天津神。

すさのおは、国常立神の天上主宰から天照に権力交代の折
荒ぶる神として恐れられ天津国(天上界)を壊した罪として
今宵の別れを天照に告げ黄泉の国に出発します。

しかしこれは重臣(神々の策略)天照系派の神々による今で言う冤罪です。
どの時代でも派閥、利権というものはあるのですね^^
でもこの策略はすでに、すさのお側は知っていました・・・
天之御中主大神、八矛之大神、国常立神大神、
スサナル大神の計画により冤罪承知で黄泉に行ったものです。
もちろん天照は知っています。

すさのおに申し訳なく気分がすぐれず天之岩戸に閉じこんでしまいました・・・
今でいう、ウツです。(神様には申し訳ないけど)
さて、この冤罪劇は現在に神々の因縁として人間界に転象しています。
古くから誰かを陥れるために起こす冤罪事件。

大元の神々は、この世を創生するため肉体をなくした魂を一時、
住まわせる為に黄泉の国を作ろうとしていました。

黄泉に王として君臨する際、条件を大元神に申しでました
天照主宰の人間の世に神の魂を天下す神を降ろすため、当初は天照の御子 
正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミ)
が予定されてたのですが

急遽変更になり須佐之男神様の御子ニニギノ命となった訳です。

それと皇朝廷(帝)つまり天皇、を今後決める時は
須佐之男神の許しを得るという条件。

スポンサーリンク

IMG_2051.jpg 

書記ではニニギの神様は天照の孫となっていますが、すさのおでしょう・・・

すさのおは別名でつきよみ、つくよみのみことという御神名を持っています。


また須賀という神社もあります。これは菅原を愛した守護した、須佐之男神様なのです。

表向きは道真公になってるところもあります。


さて天照の神様ですが岩戸にお入りのまま困った神々は思兼命神に相談しました

思兼命は智慧の神・・・天満宮の裏の神様だったり祭られてたりしています。

もう一人、アメノウズメノ神、魂を癒す神様です。ここから神様を楽しませる神とされてます

アメノウズメノ神様は鎮魂祝詞にもでてきます。


私たちが習った歴史は統一されてます

自分で真実を探すのも楽しいです。


でもあまり神の歴史には触れないほうがいい・・・

御用がきます・・・困難な道を歩みます。




私たちはまずは家庭、そして国、神様を慎み敬いだけで良いのです。


※祝詞の()欄は、あなたの名前が入ります。



元気なポチっとお恵みを

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hitukinomiya

Author:hitukinomiya
ブログ見てくれて、ありがとう
ブログ管理者の孝次郎と申します。
福岡県うきは市に住んでます。
普段は聖霊と山裾で暮らしており
神代文字お守・アクセサリーを
時々、里にでて販売しています。
雲のような生活で皆様の施しで
生かせていただいております。

お問合せメールはこちら
日月ノ宮斎主の詞

スポンサーリンク
カテゴリ
ランキング
最近の投稿記事
屋久杉聖霊を日の丸に命名 Oct 10, 2018
屋久杉の聖霊お守り Oct 09, 2018
裏の八幡神のお守り Oct 06, 2018
八柱の神々たちのお守り Oct 05, 2018
弁財天と虚空菩薩のお守り Oct 04, 2018
神様からの贈り物
神様からの贈り物
検索フォーム
神様に誘われて山での暮らし
霊気玄霊視法ご案内
RSSリンクの表示
至高の世界
常なき道は神の中、歩むは人の道
レンタルサーバーなら
Wordpressが無料で出来る
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ