FC2ブログ
古代人は神代文字の力を国や家族の安泰の為に使用していました。
それは多くの古墳文様にも残っております。
いままで色んなお守持ったけど・・・
神代文字、古墳文様記号は霊力が宿っており現代人が忘れかけている
不思議な驚きのパワーを発生させています。
体や心、運気の不調を改善される力が秘められています。

 
スポンサーPR

あまつみずをくわへて体の波動バランスを取る



さてこの神符は何に使うのでしょう・・・?


恐れ多くも三種の神器で使うものです。


みなさん、ご存知の三種神器。

勾玉、剣、鏡ありますね


本当はね

スポンサーリンク









ヤハウェの石版・杖・真名井の縄文壷のことと私自身は理解しています。


ここでは石版と杖のお話は飛ばします

いつか機会あれば、お話しますね・・・


真名井の壷の中に入れるものは水です。

それを真名井の水、または真澄の水とも言います

IMG_2385.jpg 

中臣寿言や、いくつかの祝詞(明治以前)に天津水と出てきます

三種神器は天皇の世代交代がなされる時、使用されます・・・


それはどこにあるか?みなさんよくご存知の場所です。

皇祖すめらがかむろぎ、かむろみのみまへにて で始まります・・・


かむろぎ かむろみの みことの みまへに

うけたまわりまおしに

すめみまのみことの みけつみずは

うつしくにの みずに

あまつみずをくわへて
・・・・


とあります。文面はまだ長く中臣寿言を私からお求めになった方はお分かりかと思います。


これは皇祖の御前にて次の天皇へと宣を賜り

天孫命が治める国に天の水(高天原の水:神様世界の水)を

くわへてという意味です


日本の水は神様の力が入った水なのです



そして、ここから先が石版と杖の登場です。

さて、今回、何を書いたかと言うと

この水を天地の真名井の水と成りて天津神・国津神・やおよろづの神等
の恵み給へと畏みもうす



でっ天津水を何に使ったかと言うと・・・

術は他人にはつかいません。自分用なら神律には触れません

教えることは、許されています。

直接の術は禁止されてるだけです。

IMG_2381.jpg 

あんまり暑いので水風呂に入りました


贅沢~♪です。

IMG_2382.jpg 

段々と、墨がなくなり字もなくなっていきます・・・

でも、量子という波動を理解しているならば

墨がなくなろうが字が消えろうが


神代文字と作法した波動は消えません


目で見えないだけです。


解けた墨をかきまぜて真名井の水ができました。


水はとても軽く、いつまでも浸かっていたいと思う水になりました。


浄化された~という感じです


試しに奥さんにも入ってもらいましたが

ひぇ~水がぜんぜん違うぅーなんて風呂場で吠えてました^^



これ、1週間続けて入ると

IMG_2383.jpg 

体調不良または病気が軽減もしくは完治に向かうと信じています。


もう何て書いてあるかわかりません・・・



しか~し


IMG_2384.jpg 

さすが和紙ですね・・・原料は植物です。


繊維に染まって字は浮き出てきました


この紙は保管しておいて


体調が回復したリハビリにまた7日間使えば

これはいい!と実感できるんじゃないかと思ってます




畏れ多いけど、たくさん困ってる人に分けたいとは

思うのですが・・・ちょっと考えてみます


もちろん、このようなことで金銭をいただくとは

考えてはいません。





コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hitukinomiya

Author:hitukinomiya
ブログ見てくれて、ありがとう
ブログ管理者の孝次郎kojiroと申します。
福岡県うきは市に住んでます。
神代文字でお守りを製作販売しながら
聖霊と山裾で暮らしており時々、動画でも神様の事や近況などを発信しております。
神様からの贈り物チャンネル

スポンサーリンク
カテゴリ
最近の投稿記事
最近の作品一気に・・・ Oct 10, 2019
願いが叶う・五感・12周年記念それぞれのお守り Oct 02, 2019
正神界文字(開福)お守りたち Sep 25, 2019
彼岸光のお守り Sep 23, 2019
病と心に関する神符お守り Sep 21, 2019
チャンネル登録お願い
孝次郎チャンネル

孝次郎Kojiroチャンネル
神様からの贈り物
神様からの贈り物
検索フォーム
神様に誘われて山での暮らし
霊気玄霊視法ご案内
RSSリンクの表示
至高の世界
常なき道は神の中、歩むは人の道
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
ランキング

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ