FC2ブログ
古代人は神代文字の力を国や家族の安泰の為に使用していました。
それは多くの古墳文様にも残っております。
いままで色んなお守持ったけど・・・
神代文字、古墳文様記号は霊力が宿っており現代人が忘れかけている
不思議な驚きのパワーを発生させています。
体や心、運気の不調を改善される力が秘められています。

 
スポンサーPR

人間の可能性、良い縁

 
今日は調子が良かったのか

3つ作りました

・福ご縁

・守護

・天照開運のお守りです

スポンサーリンク

 

















まずは福ご縁のお守り


本来、ご縁とは因縁のことです

因縁にも良い分、悪い分とあります

私達の魂は大元をたどれば


祝詞にもでてきます、カムロギ、カムロミにいきつきます。

その時をスタートと仮定して縁が生じ

人生を生き抜いてきます。


長いような短いような人生には様々な出来事があり

泣いたり笑ったり、感動したり怒ったり憎んだり色々です

また縁は物事が形になるには様々な要因(分子)が集まり

結果がでます。最初の1の生まれの時に生じた経験が2に引き継がれます


これは神々も同じです。

今世で親であった場合は来世で子で生まれます

兄弟、姉妹であったら友人や親戚

IMG_4665.jpg 

家族や身近な間柄は前世でも今世でも身近な関係です

ただ、違ってくるのは恨みや憎しみの念がからんでいた時には

違った関連性であらわれます。

これは一概に「これだ!」とは言えません。


良いも悪いも複雑な人の思い(想念)が影響し結果が決まります

そして性格、気質というものも魂に引き継がれます

その質を持って転生していくことになっていると知っています。

例えばすごく極悪人だった魂は可愛い赤ちゃんで生まれます

あたり前ですね。赤ちゃんは皆、純で可愛い。

でも質を持っていれば大人になったら極悪人です。

桜の花は、バラにはなりません。

それを阻止するのが親の愛情と道徳です

教育ではありません。すべての日本人が持っている情愛という道徳です。

また強制という教育が必要です。

良い悪い、我慢という教えと共に子供が興味を持ったならば

一緒になって、たとえ答えがわかっていても探求するという遊びながら

その中で愛や良し悪しを教えていくことが今の日本にとって

とても大事なところです。いい魂の素質を持ってるのに親が阻害しています。

よくスピリチュアルにでてくる、類友は全くその通りです

お守りの説明には少しはずれましたが縁とはそういうものです。

最初の1から10まで魂は変わらず代わったのは形だけです。


顔、形が違うだけです。男は男に、女は女に産まれ代わります。

もし今、自分の環境、性質が嫌いだったら

それは1からそう思ってきた魂であり

現在は延長戦なのであります。

変えたければ、それは今しかありません。

これが真にわからず2から10までの我欲が優先し1を忘れてるのが

私も含めほとんどの人達だということも知っています。

しかし、人には情愛が魂の本質にあります。

これを光といいます。

情があるから自分も可愛い

でも我に優先されてることは自分がよくわかっている・・・

人は少しづつ、こんなんじゃいけない、もうちょっとしっかりしなきゃ

なんて思いながら生きてくようになっています。

それは何故かというと生まれたからです。

情愛という光を見出す為に生まれています。

また常に純粋と反省の心、施しの心を持っていけば

自分が望まむとも開運という光が導きされます。

今の世は時代、文明が進んでますので因縁の消化も早くなっています。

歩いて東京まで行く時代であるならば今世で因が縁を持つ事は

なかったのですが、すべてが早く動いてますので因の果が出てきてるようです。


できるなら、変な縁は持ちたくありません

自分を変えよう、理想の環境を作ろう、心だけでもその環境でいよう

仕事も認めて欲しい、立派なパートナーが欲しい

誰でも思うことです。

1つの柱として自分を支えてくれるなにかというものを

また持っていれば心が折れそうな時でも思考を正しい方向に導いてくれる

お守りになってくれたら幸いです。


次は


IMG_4672.jpg 



魂が正しい(理)に導かれ行動も守護されるように

願って作りました


またその行動や生活が邪に阻害されないよう

側面に(ひふみよいむなやこと)とエネルギーが動く様を彫っています。



次は

IMG_4675.jpg 

やっぱり輝く開運は誰でも憧れます



いつも顔をだしてくれる太陽のような陽が

自分の中で生まれるようになればと思い作りました。

人は本来、最初から生まれた時から陽という光を持っています。

社会における、しがらみで見えないだけです

たとえ見えなくても、それが魂に伝わったらという思いで

天照開運と刻んでいます。

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hitukinomiya

Author:hitukinomiya
ブログ見てくれて、ありがとう
ブログ管理者の孝次郎と申します。
福岡県うきは市に住んでます。
普段は聖霊と山裾で暮らしており
神代文字お守・アクセサリーを
時々、里にでて販売しています。
雲のような生活で皆様の施しで
生かせていただいております。

お問合せメールはこちら
日月ノ宮斎主の詞

スポンサーリンク
カテゴリ
ランキング
最近の投稿記事
光の民のお守りたち Feb 06, 2019
大弁財天の縄文パワーツボ押し Feb 01, 2019
太陽の子、日の丸ストーリー Jan 29, 2019
神代文字お守りプロモーションビデオ Jan 29, 2019
人間の可能性、良い縁 Jan 16, 2019
神様からの贈り物
神様からの贈り物
検索フォーム
神様に誘われて山での暮らし
霊気玄霊視法ご案内
RSSリンクの表示
至高の世界
常なき道は神の中、歩むは人の道
チャンネル登録お願い
こうちんチャンネル
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ